債務整理は収入所得がない専業主婦やパートもできるってほんと?


日本の成人人口の1/5が借金による悩みを抱えています。

 

一般の会社で勤めをしている人だけでなく、中には専業主婦やパートタイマーにも金融業者からの借金で苦しんでいる場合も多いようですね。

 

最近では、この借金の悩みを「債務整理」という方法で解決してくれる法律事務所が増えています。

 

では、債務整理は収入のない専業主婦や安定性にかけるパートタイマーであっても可能なのでしょうか?

 

 

収入のない専業主婦でも債務整理はできる!

債務整理は自己破産以外の場合、「借金を減額」する方法ですので、それを弁済する必要があります。

 

ですので、このときに「収入源」が必要なのですが、それを正式に証明しなければならないのは「個人再生」だけです。

 

その他の「過払い金請求」や「任意整理」などの債務整理の方法では、法的な書類は必要ありませんので、専業主婦でも債務整理は可能なのです。

 

実際に金融業者はクレジットカード会社から借り入れをして、過去に何度も返済をした実績があるのですから、その辺は詳しく問い正されることはありません。

 

 

一つの家庭内の収入が安定していればどんな債務整理も可能!

専業主婦がつくった借金でも旦那や家計を一つにしている子供がいるのならば、その収入を基にどんな債務整理でもすることができます。

 

「個人再生」などは、旦那の収入証明書なども必要なので、「旦那に内緒で」となると難しくなりますが、きちんと話し合っているのならば何の問題もありません。

 

自己破産などは「退職金」などあらゆる保有資産も没収の対象となりますから、「退職金証明書」などが必要となりますが、これも内緒で債務整理をするということでなければ大丈夫ですね。

 

 

過払い金請求によって借金がゼロになることもある?

専業主婦の多くが債務整理に対する法律知識があまりないために、信じられないかもしれませんが、「借金がゼロになる」という可能性が債務整理にはあるのです。

 

それは「過払い金請求」です。

 

過払い金請求とは、過去に違法な利息率で貸し付けをしていた金融業者に対して、法定の利息に引き直し計算をし、「払いすぎた金額」を請求するものです。

 

最近ではどの法律事務所も、過払い金請求に力を入れていますので、相談してみると良いでしょう。

 

過払い金請求をしたことで「借金がゼロ」になる事例は非常に多く、これには収入の有無はまったく関係ありませんから、専業主婦でも法律事務所に依頼することができるのです。