自己破産か夜逃げどっちが現実的なの?マジメに考えてみた。

多額の借金や多重債務になると、精神的に追い詰められて何もかもが嫌になり逃げ出したい気分になります・・・

 

「今借金の返済から逃れられたら・・」と思い込み、「夜逃げ」することをマジメに考えることもあるでしょう。

 

また、多重債務者が最後にとる手段として「自己破産」があります。

 

この両者を同じレベルで考えている人も多いようですが、じつはまったく異なる次元のものなのです。

 

どちらか現実的か、詳細をまとめてみました。

 

お得なのは夜逃げ?

「夜逃げ」はすべての借金を放って逃げ、債権者の手の届かないところにいくわけですから、「お得」と考えるのもとうぜんです。

 

しかし、その後の人生を考えてみましょう。

 

夜逃げをした場合、その事実は債権者から信用情報機関にまわり、一生履歴が残ります。

 

夜逃げをした後に奮起して頑張り、平均水準並の生活ができるようになっても、信用情報的な「名義」は一生復活することはできません。

 

携帯電話の一つも契約できず、将来的に「マイホームを持ちたい」などと願っても不可能になるのです。

 

また、「心の問題」もあります。

 

今は借金の返済が辛くて逃げ出すことに罪悪感を感じても、徐々に生活が落ち着いたときに後ろめたさを感じたり、以前付き合っていた知人や親類に顔向けできないようなことにもなるのです。

 

これらを考えるとけっして「夜逃げがお得」などとはいえないでしょう・・・一生残る心の傷になるはずです。

 

自己破産は「再出発」できる方法?

「破産」と聞くと、夜逃げと同じ印象を持ってしまいますが、じつはまったく次元が違います。

 

債権者には申し訳ないですが、自己破産は政府が認めた借金問題解決の制度ですので、法律的にもモラル的にもまったく問題なく行ってよいものなのです。

 

自己破産をすると、現在保有している財産・資産は没収され、そして7年ほどブラックリストになりますが、それが過ぎ去れば「元の生活が戻ってくる」のです。

 

そうです、自己破産はけっして「人生の終わり」ではなく「再出発のチャンス」なのです。

 

じっさいに一度は自己破産はしたものの、そこでしっかりと自分の間違った金銭感覚を反省して改め、貯蓄に精を出して人生を成功に導いた例は非常に多くあります。

 

現在「夜逃げと自己破産のどちらがよいか?」と悩んでいるのならば、迷わず「自己破産」を選ぶことを強くおすすめします。

関連ページ

債務整理こっそりしても旦那に絶対バレない?
もう限界。。。そんなときに、債務整理をこっそりしても旦那に絶対バレないのか紹介します。特に…
【不安】債務整理すると住宅ローンが組めなくなるのでは?
現在借金の返済が苦しくて行き詰まっていても、「将来は自分の家が欲しい」と考えることもあるでしょう。しかし借金が増え、債務整理を考えると住宅ローンが…
債務整理は収入所得がない専業主婦やパートでもできちゃうの??
女性の借金返済かえしてーなによる、借金返済についてつづっていく日記です。