専業主婦が法テラスを利用するとどうなる?


「法テラス」とは、正式名称(日本法律支援センター)で、法務省が運営する、国民の法的トラブルの救援業務を行う法人です。

 

ふだん法律問題などに関わり合いのない一般人が、突然法律的解決が必要になるのが「借金問題」です。

 

多重債務を負い、一人でどうしようもなくなった人に利用してもらうためにも、法テラスは運営されています。

 

しかし、この弱者救済のための機関である法テラスにも、デメリットもたくさん存在します。

 

法テラスの現状について解説しました。

 

法テラスは地域から選出された法律家が登録している

法テラスは、全国の支所の地域で登録されている法律家が対応し、当番制で業務にあたります。

 

しかし、債務整理を依頼するにあたっての事務所選びには、各法律事務所での実力の差で結果が違うので、十分に調べて選び出すことが大切です。

 

この点において、法テラスは「どの弁護士・司法書士が担当するか分からない」という危うさがあるのです。

 

もし、事情を知らない専業主婦が法テラスに行って、あまり債務整理のノウハウや実績、経験のない法律家に当たれば、減額できる金額が低かったり、債務整理自体が失敗に終わる可能性もあります。

 

「人による差が大きい」のが、法テラス最大のデメリットだといえるでしょう。

 

法テラスは「サービス業」ではない

一般の法律事務所は、多重債務に陥った人や、法律の知識のない専業主婦にとっては「救世主的な存在」かもしれません。

 

しかし、正義感にあふれる法律家は多いものの、あくまで「商売」として法律事務所は運営されています。

 

こんな書き方をすると「冷たく感じる」かもしれませんが、そうとも言い切れないのです。

 

商売にはライバルが存在し、サービスを向上しないと、まったく依頼者が来ない・・・といったことにもなるのです。

 

実際に最近の法律事務所のサービスは、以前とは比べ物にならないほど高く、依頼者のメンタル面などにも細かぅ行きとどいた配慮をしてくれるようになりました。

 

とくに「法律事務所」と聞くだけで足がすくんでしまうような専業主婦には、この改善はうれしいものです。

 

しかし、法テラスはそうではありません。

 

政府の要望によって「協力」をしているという感覚であり、公務員的です。

 

法テラスを利用した専業主婦が「冷たく感じる」と思うのは「接客技術」の問題なのです。

 

多くの役所で「冷たく事務的な対応」しかできない教育したされていないように、法テラスの登録弁護士、司法書士も相談者のメンタルにまで配慮はしてくれれないのは事実です。

関連ページ

専業主婦で差し押さえられるものって何?家も取られるの?
女性のための借金返済かえしてーなによる、借金返済についてつづっていく日記です。