債務整理すると住宅ローンが組めなくなるの?

現在借金の返済が苦しくて行き詰まっていても、「将来は自分の家が欲しい」と考えることもあるでしょう。

 

しかし、借金が重くのしかかり、現在の生活が立ち行かなくなってしまったのならば、まずは「債務整理」で現状を打破する必要があります。

 

そこで問題になるのが、債務整理後の「ブラックリスト」です。

 

ブラックリストになると5〜7年は住宅ローンなども組めなくなりますから、それを気にして債務整理への決断が遅れるようです。

 

でも、現実的な将来設計を考えたとき、この「ブラックリスト」はそれほど問題にはなりません。

 

その理由などを詳しく解説してみました。

 

 

ブラックリスト期間は5〜7年

将来マイホーム購入のための住宅ローンを考えている人ならば、債務整理は「任意整理」を選ぶと良いでしょう。

 

任意整理は法律事務所と貸金業者との交渉によって、将来の利息分をカットするなどの減額を行い3年で返済を終える債務整理の方法です。

 

ブラックリストになると5年〜7年間は借金ができませんし、もちろん住宅ローンも難しい状態となるでしょう。

 

借金の完済か?ブラックリストの期限切れか?

しかし、ここで少し落ち着いて考える必要があります。

 

現在返済が苦しい状態で、頑張ってすべての借金を完済したとしましょう・・・

 

借金のすべてを完済するためには、おそらく5年や7年はかかってしまいます。

 

しかも、その期間は返済で精一杯になり、そこに新たな住宅ローンを加えることは難しいはずです。

 

すべてが完済される時期と、債務整理をしてブラックリストの期限が切れて住宅ローンが組める時期とは「ほぼ同時期」なのです。

 

借金生活からほんとうの意味で逃れるために・・・

借金の返済が苦しくなる人のほとんどが「経済観念」に問題があるといえます。

 

仮に債務整理で借金を大きく減額できたとしても、根本的なお金に対しての価値観が変わらなければ、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

 

ですから、住宅ローンとブラックリストのことを心配するよりは、一度債務整理で身軽になり、今度は「貯蓄」をする習慣をつけることで借金生活からほんとうの意味で逃れることができるのです。

 

ブラックリストの期間の5〜7年間は現金での生活になりますから、安易にキャッシングに手を出すクセも治ります。

 

そのまま貯蓄をし続ければ、住宅ローンの頭金も相当額貯められるので、債務整理は一石二鳥の方法だといえるでしょう。