多額の借金や多重債務になると、精神的に追い詰められて何もかもが嫌になり逃げ出したい気分になります・・・

 

「今借金の返済から逃れられたら・・」と思い込み、「夜逃げ」することをマジメに考えることもあるでしょう。

 

また、多重債務者が最後にとる手段として「自己破産」があります。

 

この両者を同じレベルで考えている人も多いようですが、じつはまったく異なる次元のものなのです。

 

どちらか現実的か、詳細をまとめてみました。

 

お得なのは夜逃げ?

「夜逃げ」はすべての借金を放って逃げ、債権者の手の届かないところにいくわけですから、「お得」と考えるのもとうぜんです。

 

しかし、その後の人生を考えてみましょう。

 

夜逃げをした場合、その事実は債権者から信用情報機関にまわり、一生履歴が残ります。

 

夜逃げをした後に奮起して頑張り、平均水準並の生活ができるようになっても、信用情報的な「名義」は一生復活することはできません。

 

携帯電話の一つも契約できず、将来的に「マイホームを持ちたい」などと願っても不可能になるのです。

 

また、「心の問題」もあります。

 

今は借金の返済が辛くて逃げ出すことに罪悪感を感じても、徐々に生活が落ち着いたときに後ろめたさを感じたり、以前付き合っていた知人や親類に顔向けできないようなことにもなるのです。

 

これらを考えるとけっして「夜逃げがお得」などとはいえないでしょう・・・一生残る心の傷になるはずです。

 

自己破産は「再出発」できる方法?

「破産」と聞くと、夜逃げと同じ印象を持ってしまいますが、じつはまったく次元が違います。

 

債権者には申し訳ないですが、自己破産は政府が認めた借金問題解決の制度ですので、法律的にもモラル的にもまったく問題なく行ってよいものなのです。

 

自己破産をすると、現在保有している財産・資産は没収され、そして7年ほどブラックリストになりますが、それが過ぎ去れば「元の生活が戻ってくる」のです。

 

そうです、自己破産はけっして「人生の終わり」ではなく「再出発のチャンス」なのです。

 

じっさいに一度は自己破産はしたものの、そこでしっかりと自分の間違った金銭感覚を反省して改め、貯蓄に精を出して人生を成功に導いた例は非常に多くあります。

 

現在「夜逃げと自己破産のどちらがよいか?」と悩んでいるのならば、迷わず「自己破産」を選ぶことを強くおすすめします。

現在借金の返済が苦しくて行き詰まっていても、「将来は自分の家が欲しい」と考えることもあるでしょう。

 

しかし、借金が重くのしかかり、現在の生活が立ち行かなくなってしまったのならば、まずは「債務整理」で現状を打破する必要があります。

 

そこで問題になるのが、債務整理後の「ブラックリスト」です。

 

ブラックリストになると5〜7年は住宅ローンなども組めなくなりますから、それを気にして債務整理への決断が遅れるようです。

 

でも、現実的な将来設計を考えたとき、この「ブラックリスト」はそれほど問題にはなりません。

 

その理由などを詳しく解説してみました。

 

 

ブラックリスト期間は5〜7年

将来マイホーム購入のための住宅ローンを考えている人ならば、債務整理は「任意整理」を選ぶと良いでしょう。

 

任意整理は法律事務所と貸金業者との交渉によって、将来の利息分をカットするなどの減額を行い3年で返済を終える債務整理の方法です。

 

ブラックリストになると5年〜7年間は借金ができませんし、もちろん住宅ローンも難しい状態となるでしょう。

 

借金の完済か?ブラックリストの期限切れか?

しかし、ここで少し落ち着いて考える必要があります。

 

現在返済が苦しい状態で、頑張ってすべての借金を完済したとしましょう・・・

 

借金のすべてを完済するためには、おそらく5年や7年はかかってしまいます。

 

しかも、その期間は返済で精一杯になり、そこに新たな住宅ローンを加えることは難しいはずです。

 

すべてが完済される時期と、債務整理をしてブラックリストの期限が切れて住宅ローンが組める時期とは「ほぼ同時期」なのです。

 

借金生活からほんとうの意味で逃れるために・・・

借金の返済が苦しくなる人のほとんどが「経済観念」に問題があるといえます。

 

仮に債務整理で借金を大きく減額できたとしても、根本的なお金に対しての価値観が変わらなければ、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

 

ですから、住宅ローンとブラックリストのことを心配するよりは、一度債務整理で身軽になり、今度は「貯蓄」をする習慣をつけることで借金生活からほんとうの意味で逃れることができるのです。

 

ブラックリストの期間の5〜7年間は現金での生活になりますから、安易にキャッシングに手を出すクセも治ります。

 

そのまま貯蓄をし続ければ、住宅ローンの頭金も相当額貯められるので、債務整理は一石二鳥の方法だといえるでしょう。

 


日本の成人人口の1/5が借金による悩みを抱えています。

 

一般の会社で勤めをしている人だけでなく、中には専業主婦やパートタイマーにも金融業者からの借金で苦しんでいる場合も多いようですね。

 

最近では、この借金の悩みを「債務整理」という方法で解決してくれる法律事務所が増えています。

 

では、債務整理は収入のない専業主婦や安定性にかけるパートタイマーであっても可能なのでしょうか?

 

 

収入のない専業主婦でも債務整理はできる!

債務整理は自己破産以外の場合、「借金を減額」する方法ですので、それを弁済する必要があります。

 

ですので、このときに「収入源」が必要なのですが、それを正式に証明しなければならないのは「個人再生」だけです。

 

その他の「過払い金請求」や「任意整理」などの債務整理の方法では、法的な書類は必要ありませんので、専業主婦でも債務整理は可能なのです。

 

実際に金融業者はクレジットカード会社から借り入れをして、過去に何度も返済をした実績があるのですから、その辺は詳しく問い正されることはありません。

 

 

一つの家庭内の収入が安定していればどんな債務整理も可能!

専業主婦がつくった借金でも旦那や家計を一つにしている子供がいるのならば、その収入を基にどんな債務整理でもすることができます。

 

「個人再生」などは、旦那の収入証明書なども必要なので、「旦那に内緒で」となると難しくなりますが、きちんと話し合っているのならば何の問題もありません。

 

自己破産などは「退職金」などあらゆる保有資産も没収の対象となりますから、「退職金証明書」などが必要となりますが、これも内緒で債務整理をするということでなければ大丈夫ですね。

 

 

過払い金請求によって借金がゼロになることもある?

専業主婦の多くが債務整理に対する法律知識があまりないために、信じられないかもしれませんが、「借金がゼロになる」という可能性が債務整理にはあるのです。

 

それは「過払い金請求」です。

 

過払い金請求とは、過去に違法な利息率で貸し付けをしていた金融業者に対して、法定の利息に引き直し計算をし、「払いすぎた金額」を請求するものです。

 

最近ではどの法律事務所も、過払い金請求に力を入れていますので、相談してみると良いでしょう。

 

過払い金請求をしたことで「借金がゼロ」になる事例は非常に多く、これには収入の有無はまったく関係ありませんから、専業主婦でも法律事務所に依頼することができるのです。

 

 


最近では金融会社も、正規雇用ではない学生や主婦にも貸し付けています。

 

ですから旦那に内緒で借り入れをし、利息が膨らんで返済不能になっている主婦も急増しています。

 

そして、返済不能に陥った主婦たちは「旦那に内緒でこっそり債務整理をしたい」と考えるのがふつうです。

 

債務整理を法律事務所に依頼したとき、こういったことはほんとうに可能なのでしょうか?

 

 

法律事務所は「守秘義務厳守」が基本!

債務整理を依頼する法律事務所は、基本的に守秘義務を徹底しています。

 

それは家族である旦那や子供、親戚に対しても同じなのです。

 

とくに”内緒で借金を作ってしまった主婦”が債務整理の依頼をした場合には、旦那にバレないように、あらゆる配慮と方法で対応してくれます。

 

債務整理に関する電話や郵便物のやり取りなどはもちろんのこと、必要書類をバレないで取り寄せる方法などもアドバイスしてくれます。

 

 

経験の浅い法律事務所には要注意!

ただし、身近な存在である旦那にバレないで債務整理を行うには、それなりの知識と経験が必要です。

 

最近では債務整理の経験の有無に関わらず、多くの法律事務所がネット上でホームページを開設していますから、無作為に選んでしまっては失敗する可能性もあるので要注意です!

 

債務整理の手続きは複雑で、場合によっては旦那の源泉徴収票が必要になったり頻繁に連絡を取り合う必要もでてきます。

 

バレないで債務整理を完了させるには、このあたりの認識が必要なので経験豊富な法律事務所でなければいけません。

 

 

法律事務所にもいろいろある?

法律事務所といってもいろいろあります。

 

法律家の仕事は非常に幅が広いために、ジャンルによって得意と不得意があるのです。

 

一般的な犯罪などの刑事事件に強い弁護士や、多くの会社の顧問をしているからといって、債務整理にも高いノウハウがあるとは限りません。

 

債務整理を旦那にバレないようにするには、債務整理の「実績」「経験」「知識」が高く、そのジャンルに特化したサービスを提供している法律事務所を選ぶ必要があります。

 

法律の知識が高いだけでは、こちらの希望にそった業務ができるとは限らないのです。