和らげることはできても解決策はなし

 

まずは眼の緊張をほぐすために美容家電のスチームアイマスクを1日1回は使用します。充電式のものが一番使いやすいのですが、手軽にできるのは小豆入りのアイマスクで、レンジで温めて使うものが意外とおすすめです。出張や仕事中耐えられないほど疲れを感じるときには、ホットタオルで代用します。あとはこめかみを両手をグーにして人差し指の第一関節でグリグリ。少し痛いくらいの場所を目をつむりながらゆっくり回すようにもむことでかなりスッキリできます。頭痛でつらい時もお勧めです。お風呂上りはアイマスクのほかに足裏にある目のツボを刺激します。人差し指と中指の付け根あたりをクリームをつけてもむのですが、マジックのような太めな棒で押すと力が入ります。百均ショップで売ってる青竹文乃ボツボツが付いたものがあればそのボツボツのところでツボを踏みつければいいのでより簡単にできます。美容院に行った時に自分へのご褒美としてはヘッドスパでマッサージしてもらっても頭皮の緊張がほぐれるので、目も疲れも和らぎますよ。

2016/10/12 22:55:12 | 借金コラム


専業主婦をされている人で多重債務に苦しんでいる人がたくさんいます。

 

多重債務の辛いところは、毎月返済期日に負われて全体像を把握せず、機械的に支払い続けなければならないことです。

 

とくに旦那に内緒で借金を作ってしまった専業主婦などは、「バレてはいけない」という追い詰められた意識の中で冷静さを失い、月に何度も訪れる返済期日に怯える毎日を送ります。

 

こういった専業主婦がつい飛びついてしまうのが、「おまとめローン」や「一本化ローン」です。

 

しかし、これらには落とし穴があることも知っておかなければ後から大変なことになることを知っておきましょう。

 

「おまとめローン」「一本化ローン」は金融商品?

「おまとめローン」や「一本化ローン」を提供しているのはどこだと思いますか?

 

それは専業主婦たちを多重債務で苦しめている”貸金業者”なのです。

 

おまとめローンや一本化ローンも「金融商品」の一つであり、宣伝公告では「金利が安くなる」「毎月の返済が無理なくできる」などという、いかにも「救援的」な言葉を並べます。

 

しかし、ほんとうに多重債務者を救うのであれば、貸金業者の収益が減らなくてはなりませんが、おまとめローンや一本化ローンでは、逆にそれまでよりも「多くの返済額を支払う結果」となるのです。

 

「低金利」の言葉だまされてはいけない!

おまとめローンや一本化ローンの謳い文句には「金利が安くなる」というものがあります。

 

しかし、これにだまされてはいけません。

 

金利が安くなった分、返済期間が長期化し、最終的に返済する額は大きくなるのです。

 

一人のお客から「より多くの利息分を収益できる」というのが、おまとめローンと一本化ローンのほんとうの姿です。

 

また一月の返済額が減ることで余裕ができると、さらに多重債務にになりやすく、そういった消費者の心理をたくみに操るのがこの金融商品のトリックです。

 

結局は「二重に金利を支払う」ことになり、苦しさが倍増するのは目に見えています。

 

ほんとうの意味で多重債務を減額して楽になりたいのであれば、法律の専門家に依頼をして「債務整理」をするしか方法はありません。

 

多重債務者がおまとめローン・一本化ローンに手を出すのをおすすめしない理由はこういった実態があるからなのです。

 

2016/10/11 16:15:11 | 主婦の借金の悩みコラム


借金問題にはさまざまなケースがあります。

 

自分でつくった借金以外にも、彼氏や旦那が内緒で借り入れをしていたり、中には「結婚前に旦那が借金をしていてそれを秘密にされていた」といった場合もあるでしょう。

 

結婚は夫婦そろって家計をやり繰りしていくものですので、こんなことが発覚すると腹も立ちますから女性によっては”離婚”を考えることもあるはずです。

 

しかし、せっかく結婚をしたのですから、一度冷静になり、旦那の結婚前の借金の性質や内容を見てから判断することをおすすめします。

 

借金の内容によっては離婚もありえる!

人が借金をするときには、それぞれの事情があるものです。

 

1.遊ぶため・買い物のための資金

 

2.事故や生活困窮などのアクシデントの穴埋め

 

3.起業のための資金

 

4.ギャンブルやFXなどの資金

 

遊ぶための資金や買い物などは、結婚前の男性ならば誰しもすることですし、男性にとっても人生の重大事である結婚をきっかけに改心するのがふつうですから、よく話し合えばきっと解決するはずです。

 

(2)と(3)は不可抗力と前向きな投資ですので、これで離婚するのは少し早まり過ぎです。

 

問題は(4)のギャンブルやFXなどです。

 

これらは、しっかり話し合い、旦那が「もうやらない」といっても信用できません。

 

FXも含めてギャンブルは、「精神病」として考えられるほどの強い依存症があるからです。

 

実際にギャンブル依存症が原因で多重債務になり、自己破産をしてもなおギャンブルを止められないといった悲惨な現状に苦しむ主婦がたくさんいます。

 

「改善する可能性は低い」ということを念頭において心を決めなくてはなりませんね。

 

結婚前の旦那の借金と法律

夫婦が離婚をすると「財産分与」といって、財産も借金も分担する義務があることはよく知られています。

 

しかし、これは結婚後に2人でつくった財産や借金にのみ当てはまるのです。

 

結婚してから、家計に必要な金品を「家事債務」といい、生活費捻出のためにつくった借金は夫婦が離婚しても両方に返済義務があるのです。

 

しかし、結婚前に旦那がつくった借金は、離婚後に妻に返済義務はありません。

 

またギャンブルやFX投資などで旦那がこっそりとつくった借金に関しては、それを証明することができれば、結婚した後であっても妻に返済義務はないのです。

 

もし、旦那のギャンブル癖に愛想がつきて離婚を決意するのならば、安心して決行することができます。

 

ただし、返済が滞っているのならば、債権者は必死に妻にもアプローチして未払い分を回収しようと試みますので、弁護士など法律の専門家に相談をして対抗するとよいでしょう。

2016/10/11 12:45:11 | 主婦の借金の悩みコラム


「法テラス」とは、正式名称(日本法律支援センター)で、法務省が運営する、国民の法的トラブルの救援業務を行う法人です。

 

ふだん法律問題などに関わり合いのない一般人が、突然法律的解決が必要になるのが「借金問題」です。

 

多重債務を負い、一人でどうしようもなくなった人に利用してもらうためにも、法テラスは運営されています。

 

しかし、この弱者救済のための機関である法テラスにも、デメリットもたくさん存在します。

 

法テラスの現状について解説しました。

 

法テラスは地域から選出された法律家が登録している

法テラスは、全国の支所の地域で登録されている法律家が対応し、当番制で業務にあたります。

 

しかし、債務整理を依頼するにあたっての事務所選びには、各法律事務所での実力の差で結果が違うので、十分に調べて選び出すことが大切です。

 

この点において、法テラスは「どの弁護士・司法書士が担当するか分からない」という危うさがあるのです。

 

もし、事情を知らない専業主婦が法テラスに行って、あまり債務整理のノウハウや実績、経験のない法律家に当たれば、減額できる金額が低かったり、債務整理自体が失敗に終わる可能性もあります。

 

「人による差が大きい」のが、法テラス最大のデメリットだといえるでしょう。

 

法テラスは「サービス業」ではない

一般の法律事務所は、多重債務に陥った人や、法律の知識のない専業主婦にとっては「救世主的な存在」かもしれません。

 

しかし、正義感にあふれる法律家は多いものの、あくまで「商売」として法律事務所は運営されています。

 

こんな書き方をすると「冷たく感じる」かもしれませんが、そうとも言い切れないのです。

 

商売にはライバルが存在し、サービスを向上しないと、まったく依頼者が来ない・・・といったことにもなるのです。

 

実際に最近の法律事務所のサービスは、以前とは比べ物にならないほど高く、依頼者のメンタル面などにも細かぅ行きとどいた配慮をしてくれるようになりました。

 

とくに「法律事務所」と聞くだけで足がすくんでしまうような専業主婦には、この改善はうれしいものです。

 

しかし、法テラスはそうではありません。

 

政府の要望によって「協力」をしているという感覚であり、公務員的です。

 

法テラスを利用した専業主婦が「冷たく感じる」と思うのは「接客技術」の問題なのです。

 

多くの役所で「冷たく事務的な対応」しかできない教育したされていないように、法テラスの登録弁護士、司法書士も相談者のメンタルにまで配慮はしてくれれないのは事実です。

2016/10/10 17:23:10 | 主婦の借金の悩みコラム


借金問題に苦しむ人は、「貸金業法改正」以来減少する傾向にあります。

 

しかし、ここ数年「専業主婦」の多重債務が増えているようです。

 

中には多額の借金を負っているケースもあり、貸金業者からの「差し押さえ」に怯える専業主婦がいるのです。

 

こういった悩みは、貸金業法などの法律の知識が無いとはっきりとしたことが分かりませんね?

 

ここでは、専業主婦の差し押さえについて詳しく解説をしています。

 

 

差し押さえは”個人の財産”に対して行われる

借金の返済が滞ってしまい、債権者が裁判所に申し立てをすると「差し押さえ」がはじまります。

 

しかし、このとき貸金業者が借金の弁済として差し押さえられる対象ははあくまで「借金をした個人の名義」だけです。

 

専業主婦であるならば、現在保有している財産の名義は「夫」であるはずですので、差し押さえの対象からは外れているのです。

 

仮に貸金業者が口頭で「旦那名義の財産を売り払って弁済しろ」と言ってきても、その口車に乗ってはいけません。

 

法律的にそんな義務はないのです。

 

債務整理をしたら借金が減って「家」も残せる?

このように、専業主婦が借金の返済ができなくなっても、差し押さえられるものがありませんで、心配はいりません。

 

ただ、督促なども延々と続きますし、信用情報機関でも事故扱いなり一生カードもローンも使えなくなると不便なものです。

 

そこで「債務整理」をして借金を合法的に減額、あるいは消滅させ、一定期間を経過して元の穏やかな生活を取り戻す方法を考えましょう。

 

自分の家がないのならば「自己破産」で借金を消滅させればよいですし、住宅があるのならば「個人再生」で大きく借金を減額させて無理なく弁済をするのです。

 

もしかしたら「過払い金」が発生しているかもしれません。

 

もしそうならば、思った以上に借金は楽になり、返済も続けられるので、「差し押さえ」などに不安を保つ必要さえなくなるのです。

 

これらの詳細は、借金のケースによって取る手段も代わりますので、ノウハウの豊富な法律の専門家に相談してみるとよいでしょう。

2016/10/05 16:25:05 | 借金コラム


借金の返済ができなくなり、支払の期日が1ヶ月も過ぎると「督促状」が郵送されてきます。

 

これは、借金をしている人にとっては「最悪の状態」と言って良いでしょう。

 

中には「払えないものは払えない」と強気で無視してしまう人がいますが、これは賢明な行動ではありません。

 

金融業者は回収できるはずのお金が戻ってこないのですから、必死になってアプローチしてきますし、このときに「法律」は金融業者側の味方になります。

 

督促状が届いても無視してしまうと、その後にどんなヤバイことが起きるのかを解説しました。

 

督促状の段階

「督促状」といっても、数日返済が遅れただけでいきなりやって来るものではありません。

 

金融業者によって対応も違いますが、以下のような段階を追って徐々に取り立てが強くなっていきます。

 

  1. 電話で返済が遅れていることを通知してくる
  2. 督促状が送られてくる
  3. 取り立り担当の社員から催促の電話
  4. 自宅へ訪問
  5. 裁判所へ訴訟を起こし、裁判所から呼び出し通知
  6. 貯蓄・給与・財産の差し押さえ

 

電話や手紙で、ソフトな口調で「返済期日が過ぎていますよ」といった内容ならば、その時点で対応すれば問題はありませんが、手紙に「督促状」の文字がドンッと書かれていたら危険を感じなくてはなりません。

 

督促状を無視して身の回りで起きること

督促状を無視してしまうと、消費者金融などは「債権回収業者」などに依頼して本格的な取り立てをはじますが、現在では法律改正によって、昔のような「ヤクザ風の人が家に押しかける」といったことはありません。

 

しかし、裁判所へ訴訟を起こされたら「生活が一変」するほどヤバイ事態に陥ることは確実です。

 

裁判所は法的な執行力でこちらの財産を差し押さえ、銀行口座は調査されてすべて凍結され、職場にも連絡が入ります。

 

借金総額も「遅延延滞金がどんどん加算されていき大きくなるのも痛いところです。

 

そして信用情報機関に通達し、債務者の情報は「金融事故扱い」になりますから、いわゆる「ブラックリスト」となってあらたな借り入れがどの緊禁輸業者からもできなくなるのです。

 

督促状を無視すると精神的ストレスも大きい

債権者が多重債務ならば、こういった督促状が二重三重にやって来ることになり、訴訟もそれぞれに行われます。

 

こういった状態に、精神的に平然としていられる人は少ないでしょう。

 

たいていはストレスによって気が滅入り、しだいに健康状態も悪くなるのが普通です。

 

督促状を無視し続けて裁判所と債権回収業者に追い立てられている人を見ると、老け顔になり精神病患者のような雰囲気です。

 

この状態は借金をする人の”末期症状”であり、自分で解決する方法はありません。

 

いち早く弁護士などの法律の専門家に相談をして自体解決を急ぐことをおすすめします。

多額の借金や多重債務になると、精神的に追い詰められて何もかもが嫌になり逃げ出したい気分になります・・・

 

「今借金の返済から逃れられたら・・」と思い込み、「夜逃げ」することをマジメに考えることもあるでしょう。

 

また、多重債務者が最後にとる手段として「自己破産」があります。

 

この両者を同じレベルで考えている人も多いようですが、じつはまったく異なる次元のものなのです。

 

どちらか現実的か、詳細をまとめてみました。

 

お得なのは夜逃げ?

「夜逃げ」はすべての借金を放って逃げ、債権者の手の届かないところにいくわけですから、「お得」と考えるのもとうぜんです。

 

しかし、その後の人生を考えてみましょう。

 

夜逃げをした場合、その事実は債権者から信用情報機関にまわり、一生履歴が残ります。

 

夜逃げをした後に奮起して頑張り、平均水準並の生活ができるようになっても、信用情報的な「名義」は一生復活することはできません。

 

携帯電話の一つも契約できず、将来的に「マイホームを持ちたい」などと願っても不可能になるのです。

 

また、「心の問題」もあります。

 

今は借金の返済が辛くて逃げ出すことに罪悪感を感じても、徐々に生活が落ち着いたときに後ろめたさを感じたり、以前付き合っていた知人や親類に顔向けできないようなことにもなるのです。

 

これらを考えるとけっして「夜逃げがお得」などとはいえないでしょう・・・一生残る心の傷になるはずです。

 

自己破産は「再出発」できる方法?

「破産」と聞くと、夜逃げと同じ印象を持ってしまいますが、じつはまったく次元が違います。

 

債権者には申し訳ないですが、自己破産は政府が認めた借金問題解決の制度ですので、法律的にもモラル的にもまったく問題なく行ってよいものなのです。

 

自己破産をすると、現在保有している財産・資産は没収され、そして7年ほどブラックリストになりますが、それが過ぎ去れば「元の生活が戻ってくる」のです。

 

そうです、自己破産はけっして「人生の終わり」ではなく「再出発のチャンス」なのです。

 

じっさいに一度は自己破産はしたものの、そこでしっかりと自分の間違った金銭感覚を反省して改め、貯蓄に精を出して人生を成功に導いた例は非常に多くあります。

 

現在「夜逃げと自己破産のどちらがよいか?」と悩んでいるのならば、迷わず「自己破産」を選ぶことを強くおすすめします。

現在借金の返済が苦しくて行き詰まっていても、「将来は自分の家が欲しい」と考えることもあるでしょう。

 

しかし、借金が重くのしかかり、現在の生活が立ち行かなくなってしまったのならば、まずは「債務整理」で現状を打破する必要があります。

 

そこで問題になるのが、債務整理後の「ブラックリスト」です。

 

ブラックリストになると5〜7年は住宅ローンなども組めなくなりますから、それを気にして債務整理への決断が遅れるようです。

 

でも、現実的な将来設計を考えたとき、この「ブラックリスト」はそれほど問題にはなりません。

 

その理由などを詳しく解説してみました。

 

 

ブラックリスト期間は5〜7年

将来マイホーム購入のための住宅ローンを考えている人ならば、債務整理は「任意整理」を選ぶと良いでしょう。

 

任意整理は法律事務所と貸金業者との交渉によって、将来の利息分をカットするなどの減額を行い3年で返済を終える債務整理の方法です。

 

ブラックリストになると5年〜7年間は借金ができませんし、もちろん住宅ローンも難しい状態となるでしょう。

 

借金の完済か?ブラックリストの期限切れか?

しかし、ここで少し落ち着いて考える必要があります。

 

現在返済が苦しい状態で、頑張ってすべての借金を完済したとしましょう・・・

 

借金のすべてを完済するためには、おそらく5年や7年はかかってしまいます。

 

しかも、その期間は返済で精一杯になり、そこに新たな住宅ローンを加えることは難しいはずです。

 

すべてが完済される時期と、債務整理をしてブラックリストの期限が切れて住宅ローンが組める時期とは「ほぼ同時期」なのです。

 

借金生活からほんとうの意味で逃れるために・・・

借金の返済が苦しくなる人のほとんどが「経済観念」に問題があるといえます。

 

仮に債務整理で借金を大きく減額できたとしても、根本的なお金に対しての価値観が変わらなければ、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

 

ですから、住宅ローンとブラックリストのことを心配するよりは、一度債務整理で身軽になり、今度は「貯蓄」をする習慣をつけることで借金生活からほんとうの意味で逃れることができるのです。

 

ブラックリストの期間の5〜7年間は現金での生活になりますから、安易にキャッシングに手を出すクセも治ります。

 

そのまま貯蓄をし続ければ、住宅ローンの頭金も相当額貯められるので、債務整理は一石二鳥の方法だといえるでしょう。

 

2016/10/02 13:05:02 | 借金コラム

平成18年の貸金業法改正をきっかけに、金融業者の借金の貸し倒れが急増しました。

 

これによって窮地に陥った貸金業界は、「学生」「パートタイマー」「専業主婦」を新たなターゲットして、これまで借金ができなかったような収入の不安定な層へ貸し付けをはじめました。

 

その影響で、「現在では生活費が足りない」といった安易な理由でキャッシングやカードローンに手を出す女性たちが増え、全国で50万人を突破していると言われています。

 

以前までは借金をするのは、女性よりも男性の方が圧倒的に多く、女性は「借金をするということの怖さ」を理解しきれていないことが原因だといわれています。

 

自分で「返済困難」になっていることさえ気づかない女性たち

生活費が足りないことで安易に借金をする女性は、「返済困難になっていることにさえ気づいていない場合がある」と専門家はいいます。

 

貸金業者の借り入れと返済のシステムは、「分割・リボルビング」や、「限度額に隙間ができると新たに借り入れができる」・・・などのシステムで、本人が「いくら利息を支払っている」のか把握しずらくなっているのです。

 

毎月の借金の返済額のみに意識を向けることで、「借金の全貌」を見づらくして借り入れと返済を繰り返させるしくみです。

 

ですから、見えない水面下で利息が膨れ上がり、ある日突然返済能力を上回る借金ができあがるのです。

 

現在の債務の実態を知るには?

このように、多重債務になったり、自分の返済能力以上の借金をすることが、将来に返済不能の状態を呼び込むのです。

 

こうならないためには、”現状の把握”が大切です。

 

自分の借金の実態を正確に把握するには、「月々の返済額がいくらか?」ではありません。

 

大切なのは、キャッシングやカードローン、そして普通のローンも含めて「利息をいくら貯まっているか?」を考えることが重要です。

 

毎月無理なく返済できているから、消費者金融からの借り入れでないからといって、家電や車など大きなモノを購入した「ローン」も借金だと認識しなくてはなりません。

 

これら利息と自分の年収を照らし合わせて、3分の1に迫っていれば「危険水準」と考えるのが妥当です。

 

 

こういった生活費が足りないことで借金を作ってしまう女性のために、法律事務所は警鐘を鳴らしています。

 

法律事務所は、自分から「自己破産をしてください」といって行くだけでなく、たんに「家計が苦しくなって・・」といった漠然とした相談も受け付けていますので利用してみましょう。

 


日本の成人人口の1/5が借金による悩みを抱えています。

 

一般の会社で勤めをしている人だけでなく、中には専業主婦やパートタイマーにも金融業者からの借金で苦しんでいる場合も多いようですね。

 

最近では、この借金の悩みを「債務整理」という方法で解決してくれる法律事務所が増えています。

 

では、債務整理は収入のない専業主婦や安定性にかけるパートタイマーであっても可能なのでしょうか?

 

 

収入のない専業主婦でも債務整理はできる!

債務整理は自己破産以外の場合、「借金を減額」する方法ですので、それを弁済する必要があります。

 

ですので、このときに「収入源」が必要なのですが、それを正式に証明しなければならないのは「個人再生」だけです。

 

その他の「過払い金請求」や「任意整理」などの債務整理の方法では、法的な書類は必要ありませんので、専業主婦でも債務整理は可能なのです。

 

実際に金融業者はクレジットカード会社から借り入れをして、過去に何度も返済をした実績があるのですから、その辺は詳しく問い正されることはありません。

 

 

一つの家庭内の収入が安定していればどんな債務整理も可能!

専業主婦がつくった借金でも旦那や家計を一つにしている子供がいるのならば、その収入を基にどんな債務整理でもすることができます。

 

「個人再生」などは、旦那の収入証明書なども必要なので、「旦那に内緒で」となると難しくなりますが、きちんと話し合っているのならば何の問題もありません。

 

自己破産などは「退職金」などあらゆる保有資産も没収の対象となりますから、「退職金証明書」などが必要となりますが、これも内緒で債務整理をするということでなければ大丈夫ですね。

 

 

過払い金請求によって借金がゼロになることもある?

専業主婦の多くが債務整理に対する法律知識があまりないために、信じられないかもしれませんが、「借金がゼロになる」という可能性が債務整理にはあるのです。

 

それは「過払い金請求」です。

 

過払い金請求とは、過去に違法な利息率で貸し付けをしていた金融業者に対して、法定の利息に引き直し計算をし、「払いすぎた金額」を請求するものです。

 

最近ではどの法律事務所も、過払い金請求に力を入れていますので、相談してみると良いでしょう。

 

過払い金請求をしたことで「借金がゼロ」になる事例は非常に多く、これには収入の有無はまったく関係ありませんから、専業主婦でも法律事務所に依頼することができるのです。

 

 


最近では金融会社も、正規雇用ではない学生や主婦にも貸し付けています。

 

ですから旦那に内緒で借り入れをし、利息が膨らんで返済不能になっている主婦も急増しています。

 

そして、返済不能に陥った主婦たちは「旦那に内緒でこっそり債務整理をしたい」と考えるのがふつうです。

 

債務整理を法律事務所に依頼したとき、こういったことはほんとうに可能なのでしょうか?

 

 

法律事務所は「守秘義務厳守」が基本!

債務整理を依頼する法律事務所は、基本的に守秘義務を徹底しています。

 

それは家族である旦那や子供、親戚に対しても同じなのです。

 

とくに”内緒で借金を作ってしまった主婦”が債務整理の依頼をした場合には、旦那にバレないように、あらゆる配慮と方法で対応してくれます。

 

債務整理に関する電話や郵便物のやり取りなどはもちろんのこと、必要書類をバレないで取り寄せる方法などもアドバイスしてくれます。

 

 

経験の浅い法律事務所には要注意!

ただし、身近な存在である旦那にバレないで債務整理を行うには、それなりの知識と経験が必要です。

 

最近では債務整理の経験の有無に関わらず、多くの法律事務所がネット上でホームページを開設していますから、無作為に選んでしまっては失敗する可能性もあるので要注意です!

 

債務整理の手続きは複雑で、場合によっては旦那の源泉徴収票が必要になったり頻繁に連絡を取り合う必要もでてきます。

 

バレないで債務整理を完了させるには、このあたりの認識が必要なので経験豊富な法律事務所でなければいけません。

 

 

法律事務所にもいろいろある?

法律事務所といってもいろいろあります。

 

法律家の仕事は非常に幅が広いために、ジャンルによって得意と不得意があるのです。

 

一般的な犯罪などの刑事事件に強い弁護士や、多くの会社の顧問をしているからといって、債務整理にも高いノウハウがあるとは限りません。

 

債務整理を旦那にバレないようにするには、債務整理の「実績」「経験」「知識」が高く、そのジャンルに特化したサービスを提供している法律事務所を選ぶ必要があります。

 

法律の知識が高いだけでは、こちらの希望にそった業務ができるとは限らないのです。